RSS

携帯2位と3位、相互接続料制度を導入

2006年11月18日(土) 00時31分(タイ時間)
【タイ】携帯電話サービス2位TACと3位のトゥルー・ムーブは17日、両社間の通信網を直接接続し、相互に接続料金を支払うことで合意したと発表した。相互接続料制度の導入は初めて。両社はこれを受け、国営通信大手TOTに支払っている固定電話回線への「アクセスチャージ」の支払いを停止、接続料に切り替える。

 タイでは異なる携帯電話業者間の通話はすべてTOTの固定電話回線を経由し接続する建前で、TACとトゥルー・ムーブはこのサービスに対し、「アクセスチャージ」を支払っていた。携帯最大手AISは支払いが免除されているため、2社は不満を表明。通信市場を管理・規制する国家通信委員会(NTC)が今年5月に接続料制度の導入を打ち出したことを盾に、接続料への切り替えを強行した。

 TOTは両社の措置で年間数十億バーツの減収になる見通し。今のところ接続拒否などは考えていないとしているが、2社に事業権を付与している国営通信会社CATテレコムに補償を求める方針という。
《newsclip》