RSS

第3・四半期の成長率、前期比5.7%=シンガポール

2006年11月20日(月) 11時33分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール通産省は20日、今年第3・四半期の国内総生産(GDP)伸び率(改定値)が前期比で5.7%(年率換算)、前年同期比で7.2%だったと発表した。製造業を中心とした高成長に支えられた。

 同省はこれに伴い、今年の通年成長率予測をこれまでの6.5?7.5%から7.5-8.0%に上方修正した。来年に関しては4.0-6.0%の成長を予測した。
《newsclip》