RSS

センターポイント・サーラーデーン

2006年11月20日(月) 15時45分(タイ時間)
 高級サービスアパート・チェーン「センターポイント」が2004年3月、都内6カ所目となる新館をソイ・サラデーンにオープンした。昨年開館したウィタユ(ワイヤレス)通りの大規模なセンターポイントと異なり、全69ユニットとこぢんまりとしているが、プール、サウナ、フィットネス、会議室、ビジネスセンター、レストランを完備。ロケーションとネームバリューで、すでに20ユニットが埋まった。

 スタジオ17ユニット、1ベッドルーム46ユニット、2ベッドルーム6ユニットという設計が示すとおり、主に単身赴任者向け。室内はセンターポイントらしい近代的、機能的なデザインだ。通常のルームサービスに加え、リムジンサービスもあり、まさにホテル気分が味わえる。

 ソイ・サラデーンはシーロム通りとサトン通りの間という都会のど真ん中に位置し、ロビンソン・デパート、ドゥシニタニ・ホテル、ルンピニ公園も徒歩圏内。道沿いには、バンコク一ともいわれる本格派イタリア料理店の「ザ・ノッティ」、タイの若者に人気の「アデイカフェ」など、おしゃれな店が多い。


■ベッドルームタイプのユニットには、ほかのサービスアパートではめったに見られないファクス機
■テレビはソニーの平面型。22チャンネルのほか、ロビーの防犯カメラを見るチャンネルあり。来客の確認に便利
■DVD、VCD、CD対応のコンポ
■バスルームはリビング側とベッドルーム側の両方にドアがある
■コンピュータ専用の電話線あり、最高速度512キロバイト
■コンセントは各国の形に対応した万能タイプ
■バスルームは自然光を取り入れた明るい設計
■バスルームではなくベッドルームに設置のドライヤー
《newsclip》