RSS

タイ国営PTTEP、カリマンタンの内陸油田開発に参画

2006年11月27日(月) 13時05分(タイ時間)
【タイ】タイ政府系の石油開発会社PTTエクスプロレーション&プロダクション(PTTEP)は27日、インドネシアの内陸原油鉱区、ベンガラ1の権益40%を取得すると発表した。ベンガラ1はカリマンタン島東部の面積2311平方キロ。権益の60%はインドネシアの石油開発会社メドコ・E&P・ベンガラが保有する。

 PTTEPがインドネシアで原油開発を行うのはスマトラ島南部沖に続く2件目。
《newsclip》