RSS

日本郵船、シンガポールに船員研修所

2006年11月28日(火) 11時45分(タイ時間)
【シンガポール】日本郵船は27日、シンガポールに開設した船員研修所の開所式を行った。操船シュミレーター、エンジンリモートコントロールシュミレーター、荷役シュミレーターなど最新訓練設備を備え、年間に幹部船員400人以上を対象に、実技訓練と実務講習を行う予定。世界の海事関連機関が集まるシンガポールに開設したことで、事故やトラブルなど最新の事例をいち早く研修に取り込み、高度なマネジメント知識も習得させる。

 日本郵船グループは2010年までに船隊を約930隻まで拡充する計画で、船員についても年間約200人をフィリピン、インド、クロアチア、ルーマニア、ロシア、中国など世界各国から採用・育成して行く予定、
《newsclip》