RSS

首相支持率7割、地域差くっきり南高北低

2006年11月28日(火) 12時18分(タイ時間)
【タイ】私立アサンプション大学(ABAC)が11月18?25日に実施した世論調査によると、スラユット首相の支持率は70.5%で、タクシン前首相の15.8%を大きく上回った。戒厳令下のため、数字が世論を正確に反映しているかどうかは疑問だが、タクシン氏の支持率が南部で2.7%と極めて低い一方、東北部で30.1%を維持するなど、地域的な差ははっきり見て取れる。

 スラユット首相の支持率は、イスラム過激派との対話路線を打ち出した南部で81.9%に達し、タクシン氏の地元の北部では48.8%、同氏の支持基盤の東北部では57.2%だった。バンコクは69.8%、中部は68.6%だった。

 この調査は18歳以上の4195人から回答を得た。
《newsclip》