RSS

日本電産、シンガポール社にTOB実施

2006年11月29日(水) 12時38分(タイ時間)
【シンガポール】日本電産(本社京都市)は29日、ハードディスクドライブ(HDD)用部品を生産するシンガポール企業、ブリリアント・マニュファクチャリングに対し、TOB(株式公開買い付け)を実施し、連結子会社化すると発表した。買収資金は1億9500万シンガポールドル(約146億円)を見込む。

 TOB実施に当たっては、ブリリアント社の大株主が保有する株式(発行済み株式の53.03%)の放出に同意している。来年1月中旬に買い付けを完了する予定。

 日本電産はブリリアント社の子会社化を通じ、HDD用の金型設計・製造、ダイキャスティング、電気めっき、精密加工技術などを取り込み、主要部品であるベースプレートの内製能力を高め、製品競争力を高めたい考えだ。また、ブリリアント社はシンガポール、インドネシア、タイ、中国に生産拠点があり、日本電産の工場に部品を補完的に供給することが可能となる。
《newsclip》