RSS

2ケタ・3ケタの官製宝くじ、立法議会反対で合法化取り下げ

2006年12月1日(金) 01時45分(タイ時間)
【タイ】プリディヤトン副首相兼財務相は30日、前政権が導入した2ケタ、3ケタの官製宝くじを合法化する法案を取り下げた。暫定憲法下で国会の役割を担う立法議会(定数250)で強い反対に遭ったため。同宝くじの新たな発行は無期延期される。

 2ケタ、3ケタの官製宝くじは違法な闇くじに対抗するため03年に打ち出され、一定の成果を挙げた。暫定政権は、導入に関する法整備が不備で、宝くじの収益金の運営も不透明だったと指摘したが、関連法を整備し、存続する方針だった。目の不自由な人が多い宝くじ販売商も、人気の高い同宝くじの存続を要望していた。

 しかし29日の立法議会審議で複数の議員が「賭博を助長する」などとして強く反対。推進派のプリディヤトン副首相を追い詰めた。

 立法議員は軍政に任命されたため、政府のチェック機能はないとみられていたが、この問題では意外な独自性を発揮した。暫定政府は、アルコール飲料広告の全面禁止に続き政策面でつまずき、今後の政権運営に影を落としそうだ。
《newsclip》