RSS

ベトナムで高速鉄道構想

2006年12月5日(火) 14時17分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム国鉄はこのほど、ハノイ?ホーチミン間(1630キロ)を時速300?350キロで走行する高速鉄道の建設構想を同国政府に示した。総工費は522兆ベトナムドン(330億米ドル)で、両都市間の所要時間を現在の30?40時間から10時間へと大幅に短縮する計画だ。国営ベトナム通信が伝えた。

 計画はまだ初期段階にあり、日本のコンサルタントが来年にも同国を訪れ、ベトナム国鉄と共同で調査を実施する。日本は新幹線技術を初輸出した台湾新幹線が年内に開通するのを足がかりに、アジア各国の高速鉄道建設に参入したい考えで、ベトナムに関しても計画具体化が待たれる。ただ、莫大な建設費を確保するには、外国の支援が不可欠とみられ、ベトナム新幹線が実現するかはまだ未知数だ。
《newsclip》