RSS

台風21号、ベトナムで死者55人 タイ南部に接近

2006年12月6日(水) 12時14分(タイ時間)
【ベトナム】5日にベトナム南部を通過した台風21号(アジア名・ドリアン)による強風や高波で、少なくとも55人が死亡、26人が行方不明になった。

 AFP電などによると、ホーチミン東方のバリア・ブンタウ省では28人が死亡、16人が行方不明になったほか、メコン川河口のベンチェー省でも17人が死亡した。このほか、フーイエン省で3人、ホーチミン市、ティエンザン、ビントゥアンの各省で各2人、ビンロン省で1人が死亡した。

 台風21号はその後、熱帯低気圧になり、タイ湾を西進中。タイ気象局は6?7日にタイ南部で大雨が降る可能性が高いとして、プラジュアブキリカン、チュムポン、スラタニー、ナコンシータマラート、パタルン、ソンクラーの各県に警戒を呼びかけている。すでにサムイ島とパンガン島、タオ島などを結ぶフェリーは運休しているという。
《newsclip》