RSS

トヨタが5冠、JDパワーのタイ自動車初期品質調査

2006年12月6日(水) 20時50分(タイ時間)
【タイ】米系市場調査大手JDパワー・アジア・パシフィック(本社、東京)が11月30日発表した「2006年タイ自動車初期品質調査(IQS)」で、乗用車、ピックアップトラックの5部門すべてでトヨタがトップに立った。メーカー各社がタイを生産・輸出拠点として力を入れていることを反映し、業界平均は03年から14%改善した。

 06年1?7月にタイで新車を購入した3400人に、「走行性能」「装備品」「シート」「空調関係」「オーディオシステム」「外装」「内装」「トランスミッション」「エンジン」の9カテゴリー135項目について、購入から2?6カ月後の評価を聞いた。新車100台当たりの不具合指摘件数が最も少なかったのは、エントリー・ミッドサイズカー部門が「トヨタ・ヤリス」、ミッドサイズカー部門が「トヨタ・カローラ・アルティス」。ピックアップトラックの3部門は「トヨタ・ハイラックス・ヴィーゴ」シリーズが3冠。

〈2006年IQS〉
()内は新車100台当たりの不具合の平均指摘件数

エントリー・ミッドサイズカー(216)
○トヨタ・ヤリス(日本名ヴィッツ)(193)
○ホンダ・ジャズ(日本名フィット)(197)
○ホンダ・シティZX(223)

ミッドサイズカー(200)
○トヨタ・カローラ・アルティス(171)
○三菱ランサー(173)
○ホンダ・シビック(202)

ピックアップ・シングルキャブ(189)
○トヨタ・ハイラックス・ヴィーゴ(169)
○日産フロンティア(187)
○三菱トライトン(207)

ピックアップ・エクステンドキャブ(213)
○トヨタ・ハイラックス・ヴィーゴ・プレランナー(171)
○マツダBT50(176)
○日産フロンティア(176)

ピックアップ・ダブルキャブ(230)
○トヨタ・ハイラックス・ヴィーゴ(195)
○シボレー・コロラド(221)
○いすゞD-MAXキャブ4(239)
《newsclip》