RSS

空軍参謀長が批判に配慮?CATテレコム会長を1カ月で辞任

2006年12月7日(木) 04時02分(タイ時間)
【タイ】国営通信会社CATテレコムは12月6日、ソムマーイ・デーペット同社会長(空軍参謀長、空軍大将)が軍の職務繁多を理由に辞任したと発表した。ソムマーイ大将はクーデターで実権を握った軍部の権力機関、国家安全保障評議会(CNS)のメンバーで、11月にCATテレコム会長に就任したばかりだった。

 CNSのメンバーは軍からの給与のほか、月10万バーツ以上の特別給を自ら設定。さらに、少ない勤務時間で高給が転がり込む国営企業の会長、取締役に就任するケースも多く、一部から批判が出ていた。

〈CATテレコム〉
旧タイ通信公社(CAT)が03年8月、CATテレコムと郵便のタイランド・ポストの2社に分割、株式会社化し誕生。06年1?10月は総売上高253.8億バーツ、最終利益39.5億バーツ。売り上げ構成は、携帯電話キャリアからの事業権料収入と国際電話がそれぞれ3割以上で、ほかはインターネット、無線など。ソムマーイ氏を入れると、取締役11人中4人が将官だった。
《newsclip》