RSS

タイ法務省、汚職疑惑の副次官を免職

2006年12月13日(水) 20時36分(タイ時間)
【タイ】法務省は13日、汚職容疑でマーニット副次官を免職した。マーニット氏は94年に同省が行った土地競売で、落札したものの購入をキャンセルした企業から違約金を徴収しなかった疑いが持たれている。同氏はその後、この企業の株式をタイ証券取引所(SET)で売却したが、株を入手した経緯は明らかになっていない。
《newsclip》