RSS

LILAMA、ズンクアット製油所のパイプライン敷設受注=ベトナム

2006年12月13日(水) 21時32分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム中部に建設中のズンクアット製油所で、ベトナム・マシナリー・インストレーション(LILAMA)は13日、日揮など4社によるコンソーシアムからパイプライン敷設などを2580万米ドルで受注した。タインニエン(電子版)が伝えた。

 同コンソーシアムは、日揮、仏テクニプ、マレーシアのテクニプ・ジオプロダクション、スペインのテクニカス・レユニダスから成る。今回契約したのは、同製油所のパイプライン1区、4区の工事で、2008年5月に完成予定。

 LILAMAは今年初め、同コンソーシアムから2区、3区でタンク、配管など7040万米ドル相当の工事を受注している。

 ズンクアット製油所は年間650万トンの原油を精製可能で、08年後半か09年初めに操業を開始する見込み。総投資額は25億米ドル。
《newsclip》