RSS

サイアム・セメント、合弁会社株を旭硝子に売却

2006年12月13日(水) 23時01分(タイ時間)
【タイ】王室系素材大手サイアム・セメント(SCC)はカラーブラウン管用ガラスバルブを製造するサイアム旭テクノグラス(SAT)の所有株すべて(発行株式の27%)を合弁相手の旭硝子に売却する。売却額は明らかにしていない。SATの05年の売上高は約43億バーツ。

 SCCは10月に、ブラウン管を製造する子会社、タイCRTの営業停止を発表していた。液晶に押され需要が急減したため。
《newsclip》