RSS

ブータン国王が皇太子に譲位

2006年12月16日(土) 15時23分(タイ時間)
【アジア】ブータンのニュースサイト、クエンセルオンラインによると、同国のジグメ・シンゲ・ワンチュク国王(51)が9日に王位をジグメ・ケサル・ナムギャル・ワンチュク皇太子(26)に譲位し、14日に公式発表した。国王は05年12月に、08年の総選挙後の退位を表明したが、皇太子に経験を積ませるため、予定を早めた。

 国王は1972年に16歳で即位し、国の近代化、民主化を推進。08年には憲法が制定され、総選挙を実施し、絶対王制から立憲君主制に移行することになっている。

 新国王は英オックスフォード大学への留学経験がある。今年6月と11月に、プミポン・タイ国王の在位60周年記念式典と北部チェンマイで開催中の国際園芸博覧会視察のためタイを訪れ、タイ人の間でも人気が高い。
《newsclip》