RSS

1人通勤に通行料、渋滞対策で検討=マレーシア

2006年12月20日(水) 11時04分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアの首都クアラルンプールで、ラッシュアワーの混雑緩和を目指し、1人で都心に自動車通勤する人から通行料を徴収する案が検討されている。通行料は午前7?9時、午後5?7時を対象とする構想で、18日に就任したアブドル・ハキム新市長が初仕事として表明した。

 同市長は「通行料制度はシンガポールやロンドンでも採用されており、都心の自動車通行量の減少につながれば」と話している。
《newsclip》