RSS

一部政府系企業への出資縮小へ=ベトナム

2006年12月20日(水) 20時37分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム政府は、政府系企業の一部について、出資縮小に向けた検討に入った。このほど設立された国家資本投資公社(SCIC)のレ・ティ・バン・タム総裁が明らかにした。タインニエン(電子版)が伝えた。

 出資縮小の検討対象(括弧内は政府の出資比率)は、パシフィック航空(91.38%)、保険会社のバオミン・インシュアランス(55.50%)、乳製品大手のビナミルク(50.01%)などとされる。
《newsclip》