RSS

1年ぶりに鳥インフルエンザ発生=ベトナム

2006年12月20日(水) 20時37分(タイ時間)
【ベトナム】ハノイからの報道によると、ベトナム動物検疫当局は20日、同国南部のカマウ、バクリュウ両省で、家禽類から採取したサンプルから高病原性鳥インフルエンザウイルスの「H5N1」型が検出されたことを明らかにした。

 過去2週間に2省ではアヒルやニワトリ6000羽が集団死し、検疫当局が病原体の分析を進めていた。同国における鳥インフルエンザの確認は昨年12月以来。
《newsclip》