RSS

バンコクの危険な裏通りトップ10、警察ラジオ発表

2006年12月22日(金) 00時30分(タイ時間)
【タイ】警察のラジオ局がこのほど、「バンコクの危険なソイ(裏通り)トップ10」を発表した。

 不名誉な1位となったのは、ジャトゥジャク区のラープラオ通り21。人影のまばらな500メートルほどの通りで、道路わきには草むら、林が点在。これまでに強盗殺人事件が起きている。

 2位はラクシー区のウィパワディー通り64。放棄された住宅が並び、引ったくりが頻発。

 3位はバンコクノイ区のジャランサニットウォン通り37。無職者がたむろし、車の盗難、女性への嫌がらせが多いという。

 4位以下は、ジャランサニットウォン通り89(バーンパラッド区。麻薬)、ソイスアンパク11(タリンチャン区。強盗)、ソイピロム(サムパンタウォン区。麻薬)、ソイジャルーンナコン23(クローンサーン区。オートバイ窃盗)、ソイウィムットヤーラーム(バーンパラッド区。非行少年グループ)、ソイルアムラクサー(フアイクワーン区。麻薬)、ソイワットマコーク(戦勝記念塔近く。麻薬、非行少年グループ)。

関連ページ>タイ治安情報
《newsclip》