RSS

中国・香港資本、ビンディン省で相次ぎ開発=ベトナム

2006年12月25日(月) 17時51分(タイ時間)
【ベトナム】中国の化学メーカー、山東海化集団はこのほど、ベトナム中部のビンディン省に13億米ドルを投資し、製油所などを建設することで同省当局と合意に達した。国営ベトナム通信が伝えた。

 海化集団は10億米ドルをかけ、ニョンホイ経済区に年処理能力800万トンの製油所を建設するほか、カットカイン工業区に3億米ドルを投じ、年産60万トンのソーダ工場を設ける計画。

 一方、香港の麒興祥記は、同省に1億米ドルを投資し、観光公園とカジノを建設することで同省当局と合意した。
《newsclip》