RSS

タクシン前首相が帰国希望、汚職捜査に反論か

2006年12月26日(火) 12時36分(タイ時間)
【タイ】タクシン前首相の顧問弁護士のパタマ氏は26日、前首相が帰国の意思を伝えてきたことを明らかにした。暫定政府が進める汚職捜査で事情聴取に応じるため。

 前首相は、妻によるバンコク都内の政府所有地の取得、新バンコク国際空港(スワンナプーム空港)の爆発物検知器購入をめぐる汚職疑惑などで追及を受けている。
《newsclip》