RSS

サイアム・セメント、20億バーツで自社工場用発電所建設

2006年12月27日(水) 13時49分(タイ時間)
【タイ】タイ王室系素材大手サイアム・セメント(SCC)は27日、19.6億バーツを投じ、自社セメント工場用の発電所を建設すると発表した。出力33.5メガワットで、二酸化炭素の排出量が少ない省エネ型の発電機を導入する。08年第1四半期稼動の予定。

〈SCC〉
1913年に国策セメント会社として発足。筆頭株主は王室財産管理局(出資比率30%)。主要事業はセメント、石油化学、紙・パルプ、建材。7?9月期決算は総売上高が前年同期比19.6%増の676億9000万バーツ、最終利益が同9.7%減の75億9800万バーツだった。
《newsclip》