RSS

「06年の人」はソンティ司令官、タイ私大世論調査

2007年1月2日(火) 16時13分(タイ時間)
【タイ】私立アサンプション大学(ABAC)が行った世論調査で、「06年の政治に関する悪いニュース」のトップに、「反タクシン派とタクシン支持派の衝突」が76%で選ばれた。2位以下は、「タクシン前首相による、憲法外のカリスマ発言」(55%)、「スラユット首相の別荘問題」(47%)、「4月の総選挙での選挙違反」(46%)、「前首相関係者の脱税疑惑」(46%)、「報道統制(44%)」などが続き、「9月19日のクーデター」は21%で8位だった。

 「06年の政治に関する良いニュース」のトップは、「軍政による民政移管の発表」で70%。2位は「9月のクーデター」(66%)、3位は「前首相の首相指名辞退発表」(54%)だった。

 「06年の人」には、回答者の35%がソンティ陸軍司令官を選んだ。タクシン前首相は24%で2位、3位スラユット首相19%、4位プレム枢密院議長10%だった。

 この調査は12月13?30日に全国の18歳以上を対象に実施、4609人から回答を得た。
《newsclip》