RSS

前首相の外交旅券を破棄、タイ外務省

2007年1月10日(水) 16時14分(タイ時間)
【タイ】タイ外務省は10日、タクシン前首相夫妻の外交官パスポートを昨年末で無効にしたと発表した。前首相は今後、一般のパスポートで海外滞在を続けることになる。

 タクシン氏はニューヨークに滞在中の昨年9月、クーデターで失脚。その後、長女が留学するロンドン、インドネシアなどを訪れ、現在は北京を拠点としている。

 軍事政権はタクシン氏の帰国を事実上禁じているため、外交パスポートの利用を容認してきた。しかし同氏が軍政批判など政治活動を行い、一部の在外公館職員が同氏の手助けをしていた事実も明らかになったことから、外交パスポート破棄に踏み切った。
《newsclip》