RSS

ポスコ、ベトナム投資を1.3億ドル増額 冷延工場を拡大

2007年1月11日(木) 20時01分(タイ時間)
【ベトナム】韓国鉄鋼最大手ポスコは11日、09年末の稼動を予定しているベトナムの冷延鋼板工場について、製造能力を当初予定の年70万トンから120万トンに、投資額を1.3億ドル増の4.9億ドルに引き上げると発表した。

 ポスコはベトナムに冷延、熱延工場(年産能力300万トン)を建設する計画。熱延工場が稼動する12年末をめどに、冷延工場の生産能力拡大も予定している。投資額は今回の増額で計12.6億ドルになる。
《newsclip》