RSS

マレーシア航空、国際線料金体系を見直し

2007年1月12日(金) 16時27分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア航空は、15日から国際線料金体系を見直す。料金クラスの細分化で、実質的に値下げし、格安航空会社との競争に対応する。

 この結果、クアラルンプール?ロンドン線の往復航空最低運賃は2640リンギ、クアラルンプール?香港線は1270リンギとなる。
《newsclip》