RSS

バンヤンツリー、ベトナム中部で観光開発=シンガポール

2007年1月12日(金) 16時28分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポールのリゾートホテル運営会社バンヤンツリー・グループは、ベトナム中部のトゥアティエンフエ省のチャンメイ・ランコー経済区に2億米ドルを投資し、観光開発を進める計画だ。国営ベトナム通信が伝えた。

 計画の対象面積は200ヘクタールで、リゾートホテル6カ所(2400室)の建設などが見込まれる。同経済区はフエの北方70キロにあり、昨年1月に発足した。
《newsclip》