RSS

タクシン氏、シンガポール副首相と会談か

2007年1月13日(土) 22時44分(タイ時間)
【タイ】タイ字紙コムチャットルク(電子版)によると、シンガポールを訪問中のタクシン前首相が同国のジャヤクマール副首相、ウォン・カンセン副首相らと非公式に会談するもようだ。

 タクシン氏は12日に中国からシンガポールへ移動。16日に英国に向かう予定という。

 タクシン氏は自分が起業した企業にシンガポール政府資本の出資を受け入れるなど、実業家当時から同国政府との関係が深い。首相在任中は、「タイとシンガポールは2つの国、1つの経済」を標榜し、緊密な関係を維持した。

 こうした関係もあり、シンガポール政府は昨年1月、政府系投資会社のテマセクを通じ、タクシン氏一族からタイ通信最大手シンの株式約50%を733億バーツで買い取り、その後、株式公開買い付けで出資比率を90%以上に引き上げた。しかし9月のクーデターでタクシン氏が追放されると、シンは政治的な保護を失い、外資出資比率規定や事業権違反などでタイ軍政の追及を受けている。株価は買収時の半分以下に下がり、テマセクは巨額の損失が避けられない情勢だ。
《newsclip》