RSS

一流シェフのメニューを病室で、バムルンラード病院

2007年1月15日(月) 21時04分(タイ時間)
【タイ】私立病院大手バムルンラード・インターナショナルはバンコクの一流ホテルのシェフによる特別メニューを月替わりで入院患者に提供する。プログラムに参加するのは、グランド・ハイアット・エラワンのサラウット・シェフ、ミレニアム・ヒルトンのスポート・シェフら。

〈バムルンラード・ホスピタル〉
バンコク都内スクムビット通りソイ3で東南アジア最大規模の総合病院を運営。医療サービスのチェックを行う米国の非営利組織(NPO)、医療機関認定合同委員会(JCAHO)の認定を02年にアジアで初めて受けた。主要株主はバンコク銀行/ソーポンパニット(陳)財閥、アラブ首長国連邦の投資会社Istithmar、シンガポール政府系投資会社テマセク。昨年の患者数は100万人以上で、タイ人以外が40万人を占めた。

関連記事>最新機器・新治療法、国際レベルのタイ医療
《newsclip》