RSS

タイ前首相、米CNNテレビに出演

2007年1月16日(火) 01時53分(タイ時間)
【タイ】タクシン前首相は15日、米CNNテレビのインタビューで、政界を引退し、一市民としてタイに帰りたいという意思を示した。年末年始にバンコクで起きた連続爆弾事件への関与は否定した。また、米経済紙ウォールストリート・ジャーナルの取材にも応じ、タイ暫定政権の経済運営を批判した。

 タクシン氏は米メディアの取材に応じた理由を、連続爆弾事件でタイ軍政が同氏の関与を示唆したためとしている。

 テレビなど放送メディアは、このインタビューをほぼ黙殺したが、新聞の電子版は、英字紙ネーション、タイ字紙コムチャットルク、ポストトゥデーなどが内容を報じた。テレビ、ラジオは10日に、軍事政権から前首相に関する報道自粛を求められたばかり。

関連記事>前首相の報道減らせ、タイ軍政が放送メディアに指示
《newsclip》