RSS

鳥インフルエンザ、ベトナム南部で拡大

2007年1月19日(金) 07時58分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム検疫当局は19日までに、南部のカントー直轄市でアヒルのヒナ30羽が集団死し検査したところ、高病原性鳥インフルエンザのH5N1型ウイルスが検出されたことを明らかにした。タインニエン(電子版)が伝えた。

 これにより、同国で昨年12月に再発した鳥インフルエンザは8つの省市に拡大した。
《newsclip》