RSS

印エサル、越南部に熱延工場

2007年2月13日(火) 07時29分(タイ時間)
【ベトナム】インドのエサル・スチールは12日、国営のベトナム・スチール(VSC)、ベトナム・ゼネラル・ラバー(GERUCO)と合弁でベトナム南部のバリアブンタウ省のフーミー工業団地に熱延工場を建設する契約を結んだ。投資額は5億2700万米ドル。

 合弁会社の社名はエサル・ベトナム・スチールで、出資比率は、エサルがが65%、VSCが20%、GERUCOが15%。工期は2年半。生産能力は年200万トンを見込む。同工業団地には韓国ポスコも冷延工場を建設している。
《newsclip》