RSS

病気の父親を置き去り、寺が保護

2007年2月13日(火) 12時31分(タイ時間)
【タイ】テレビ報道によると、12日、中部パトゥムタニ県の寺から、置き去りにされた男性の面倒をみているという通報が地元の警察署にあり、県当局が男性の身柄を保護した。

 この男性は、東北部ナコンラチャシマ県在住のチューチャイさん(55)。元はバス運転手だったが、5年前に糖尿病と卒中を患い体の自由が利かなくなり、農業を営む長男(32)一家のもとに身を寄せていた。9日夜、音信不通になっている次男に会わせるといって、長男にトラックの荷台に乗せられ、見知らぬ場所に下ろされた。長男はチューチャイさんに200バーツを渡し、そのままトラックで走り去ったという。

 チューチャイさんはテレビカメラの前で、泣きながら「もとのように息子の家で一緒に暮らしたい」と訴えた。
《newsclip》