RSS

タイ東部高速道路、最高裁が建設会社の賠償請求棄却

2007年2月15日(木) 11時02分(タイ時間)
【タイ】タイ字紙クルンテープトゥラキット(電子版)によると、高速道路バンナー(バンコク)?チョンブリ線(全長55キロ)を施工したBBCD共同事業体(タイのゼネコン大手チョーガンチャン、独ビルフィンガー・バーガー、独DYWIDAG)が、設計変更や建設用地の引き渡しの遅れで工期が延び損害を被ったとして、発注者のタイ高速道路公社(ETA)に60億バーツの賠償金を求めた裁判で、タイ最高裁判所は15日、同高速道路の建設契約は当時のETA総裁がBBCDに有利な条件で結んだもので違法だったとして、賠償金の支払いを命じた民事裁判決を覆し、ETAに支払い責任はないとする判決を下した。

 問題の高速道路は2000年2月に開通。コンクリートの支柱多数に亀裂がみつかり、修理が進められている。

関連記事>タイ東部高速道路、高架支柱に亀裂
《newsclip》