RSS

三井物産のナフサ取引損失隠ぺいで日本人逮捕=シンガポール

2007年2月15日(木) 13時17分(タイ時間)
【シンガポール】三井物産のシンガポール子会社、ミツイオイルアジア(MOAS)でナフサ取引に絡む巨額の損失隠ぺいが発覚した事件で、シンガポール警察は14日、告発に基づき日本人担当者を逮捕した。容疑者は処分保留のまま保釈された。三井物産が15日発表した。
 
 三井物産は昨年11月、同子会社でナフサ取引による損失隠ぺいがあったと発表し、社内調査を進めてきた。同子会社はポジション手仕舞いの結果、96億円の損失を計上し、06年末に77億円の債務超過に陥った。

 三井物産は、残存する先物スワップ契約を全て履行した上で、2008年3月期中に同子会社を清算する。
《newsclip》