RSS

Mixx

2007年2月20日(火) 22時08分(タイ時間)
 庶民向けのデパートとディスカウントストアしかなかったラチャダーピセーク通りに誕生した、高級ショッピングセンターの「エスプラナード」。コーヒーショップなどおしゃれな店が並ぶそのG階(日本の1階)に、タイ&インター料理の「Mixx」がある。開店2カ月足らずの新しい店だ。

 都心ソイ・ルアムルディにある日本人客も多いフランス料理店「リヨン」のオーナーと、地元タイ人に有名なソイ・アーリーのタイ料理店「スワンクラープ」のオーナーが、共同出資で開いた店。内装は現代的なデザインでかしこまったところがなく、いたって入りやすい。ガラス張りの店の外、芝生が敷かれて水が流れるちょっとしたスペースにも、食事用のテーブルが置かれている。喫煙者にはありがたい。

 料理の方は、「けっこうおいしくて、意外と安い」。タイでも刺身で食べるのが人気となった生サーモンを使った料理、「Thai Spicy Salmon Salad」(165B)は、タイとインターがミックスしたような料理で、サーモンはいたって新鮮。タイ人には物足りないかも知れないピリっとした辛味は、日本人の口に合う。

 ホタテガイの料理「Jumbo Scallop and Spinach au Gratin」(240B)は、さっぱりめのソース、コンガリとした表面、添えのホウレンソウと、フランス料理のグラタン風に仕上げている。前菜で軽くつまむのにちょうどいい。

 オーナーからメインとして勧められたのが、「Fillet of Beefroll with Mushroom Sauce」(280B)。ビーフにベーコンを巻き、その間にホウレンソウを挟んだ、同時に3種類の食材を味わえるアイデア料理。ビーフが柔らかく、マッシュルームソースも本格的だ。

 デザートは何といっても、ATV、B-52、テキーラサンライズなどのカクテルをもとにしたアイスクリーム(65B)。5%以下だがアルコールが含まれている。

 「Mixx」は、本格的な食事を求めるレストランではない。ちょっとハイソなタイ人が、気軽に食事を取る店だ。

Mixx Dining
住所:The Esplanade Ratchada, Ground Fl., #G 05, 99 Ratchadapisek Rd., Dindaeng, Bangkok 10400
電話:0-2660-9295, 0-2660-9296
《newsclip》

特集