RSS

ナンタデート・ヒランヤッティティ医師

2007年2月20日(火) 22時23分(タイ時間)
Nanthadej Hiranyasthiti, M.D.
Orthopedic Surgeon, Thai Board of Orthopedic Surgery

 1989年ソンクラーナカリン大学医学部卒業、2001?03年に米シカゴで脊椎(せきつい)手術について学ぶ。北米脊椎学会、米国整形外科協会正会員。趣味のゴルフを生かし、整形外科専門医の立場からゴルファーの健康管理に努める「ドクター・ゴルフ」としても活躍中。

——バムルンラード・インターナショナル整形外科について

 脊椎手術について学んだシカゴの医療水準は高く、設備も最新のものがそろっていました。帰国後、当院での勤務を希望したのは、医療設備がシカゴ同様に素晴らしく、万全の医療態勢が整っていたからです。

 当院の整形外科では専門医と脊椎専門の麻酔医などを含む6人のチームで医療を行っています。私はここで3000件以上の脊椎手術を担当してきました。

——脊椎疾患発症の平均年齢は

 私の患者の平均年齢は65歳と高齢で、原因は老化による脊椎の変形です。大部分が外国人です。しかし、脊椎の病気は年齢に関わらず発症します。若年層の脊椎の痛みの主な原因は椎間板ヘルニアです。これは脊椎の間に挟まっている椎間板と呼ばれる軟骨が突出する病気で、飛び出した椎間板が神経を圧迫し、痛みやしびれを起こします。

——治療法について

 私は執刀医ですが、手術はあくまで最終手段です。症状によっては薬物療法や整体を用いています。X線検査で椎間板ヘルニアによる神経根圧迫が確認された場合は手術で治すのが一般的ですが、ケースバイケースで手術以外の治療法を採ることもあります。

 脊椎疾患の患者の中には、自己判断でマッサージに頼ろうとする人もいます。背骨は柔軟に曲げ伸ばしができるようになっていますので、痛みのある状態でもマッサージ師の施術に耐えることができます。しかしそれで症状が悪化することもあります。しびれ、痛みなど身体の異常を感じたら、まずは医師に診てもらってください。

 手術が必要な場合は、入院日数、料金、術後の注意など内容を詳しく説明し、患者の理解を得てから執刀します。私は患者の皆さん一人一人が大切な家族だと思って治療に当たっています。

——「ドクター・ゴルフ」とは

 タイはだれもが気軽にゴルフを楽しめるゴルフ天国です。しかし、ケガや病気が原因で思うようにプレイできず、スコアが伸びないという悩みを持つ方も大勢いらっしゃいます。「ドクター・ゴルフ」はそうした悩みに応えようと当院が立ち上げたユニークなプロジェクトです。皆さんと同様にゴルファーであり、整形外科の専門医でもある私が「ドクター・ゴルフ」として、皆さんが安心してプレイを続けられるようアドバイスや治療を担当します。「ドクター・ゴルフ」からのアドバイスはウェブサイトでもご覧いただけます。ご相談はEメールか、当院整形外科まで直接お出で下さい。

——ありがとうございました

住所: 33 Sukhumvit 3, Bangkok 10110, Thailand
URL: http://www.bumrungrad.com/japanese
日本語顧客サービス課(2階)
電話: 0-2667-1501
ファクス: 0-2667-2473
E-mail : corpjapan@bumrungrad.com

ナンタデート医師診察日・時間
月・水?金曜日: 9?16時
日曜日: 9?12時

ドクター・ゴルフ
URL: http://www.thaigolfer.com/doctorgolf/(日本語版はまもなく立ち上げ予定)
お問い合わせ、ご予約は上記日本人顧客サービス課まで。
《newsclip》