RSS

マレーシアのベルジャヤ、ハノイで合弁都市開発

2007年2月23日(金) 11時06分(タイ時間)
【マレーシア、ベトナム】マレーシアの不動産開発大手ベルジャヤ・ランドはこのほど、ベトナム・ハノイ市ロンビエン区で現地企業と合弁による都市開発を進めるための認可を取得した。開発を進める合弁会社は「ベルジャヤ・ハンディコ12」で、出資比率はベルジャヤ傘下の投資会社が80%、ハノイ第12住宅投資開発合資会社が 20%。商業物件を建設する複合開発プロジェクトに3億5000万米ドルを投資する。用地は31ヘクタールで、工期は5年。
《newsclip》