RSS

タクシン前首相の「番頭」、民間テレビ会長を辞任

2007年2月26日(月) 14時50分(タイ時間)
【タイ】タクシン前首相が築いた企業グループの持ち株会社シンのブンクリー最高経営責任者(CEO)が26日、シン傘下の民間テレビ会社ITVの会長を辞任した。ITVは昨年12月、最高行政裁判所に未払いの事業権料と違約金、約1000億バーツ(約3300億円)の支払いを命じられ、事業権の没収が濃厚。前首相の「番頭」格であるブンクリー氏の退任は、政府によるITVの接収の前触れとみられている。

 タイ証券取引所(SET)は26日、ITVの06年決算が財務実態を反映していない可能性を会計監査人が指摘したとして、同社株の取引を停止した。ITVは同日発表した06年決算で、総売上高21.6億バーツ(前年比7.9%減)、最終赤字17.8億バーツを計上。事業権料負担が25.1億バーツに上ったとしていた。
《newsclip》