RSS

日本参加のマラッカ海峡訓練は「軍事作戦」=北朝鮮紙

2007年2月26日(月) 20時10分(タイ時間)
【東南アジア】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は26日付論調で、日本がマレーシア、タイとマラッカ海峡で2月初め、海賊対策を目的に実施した共同訓練を「海外侵略を狙った先行軍事作戦だ」と非難した。

 論評は「日本政府は共同訓練が海賊の攻撃から守り、安全な海上交通路を確保するためのものだとしているが、内心はそうではない。『倭』の国が掲げる『安全な海上交通路確保』の本質は遠距離作戦に必要な海上交通統制権の確保だ」と主張した。
《newsclip》