RSS

ルノー・日産がインドに新工場、投資額1100億円

2007年2月26日(月) 23時43分(タイ時間)
【インド】日産自動車は26日、仏ルノー、インドのマヒンドラ&マヒンドラの2社と合弁でインド南部のタミルナードゥ州チェンナイに新工場を建設し、乗用車、スポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)を製造すると発表した。投資額は今後7年で約1100億円、投資比率はマヒンドラ&マヒンドラ50%、ルノー・日産50%。09年後半に生産を開始し、7年間で年産40万台まで伸ばす計画だ。

 チェンナイは南インドの東岸に位置し、自動車・自動車部品産業が比較的発達している。港湾設備や人材確保の環境も整っていることが工場建設の決め手となった。

 日産は04年にスポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)の「X?Trail」を投入しインド市場に参入。05年に100%子会社のインド日産を設立した。
《newsclip》