RSS

工業団地大手へラマラート、マンション販売で4割増収

2007年2月28日(水) 12時01分(タイ時間)
【タイ】工業団地大手ヘマラート・ランド・アンド・デベロップメントの06年決算は総売上高が前年比36%増の40.8億バーツ、最終利益が87%増の11.9億バーツだった。

 工業団地の販売は前年比1割減だったが、バンコク都心に開発中の高層マンションの売り上げが17.2億バーツに上った。

〈ヘマラート・ランド・アンド・デベロップメント〉
鉄鋼メーカーのNTSスチール・グループ(現ミレニアム・スチール)、ナコンタイ・ストリップ・ミル(NSM)を創業したサワット・ホールンルアン(何国芳)氏傘下。ラヨン県の3カ所(イースタン・シーボード工業団地、イースタン工業団地、ヘマラート・イースタン・シーボード工業団地)とチョンブリ県シラチャー(チョンブリ工業団地)で工業団地を運営。入居企業はフォード、マツダ、GMなど。
《newsclip》