RSS

タイのアグロ最大手CPF、鳥インフルで6割減益

2007年2月28日(水) 13時54分(タイ時間)
【タイ】タイのアグロインダストリー最大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)の06年決算は総売上高が前年比9.5%増の1275.4億バーツ、最終利益が62.8%減の25.1億バーツだった。鳥インフルエンザの影響で鶏肉価格が低下、利幅が縮小した。

 同社はタイ、中国などで通信、小売り、オートバイ生産などを手がけるCPグループ傘下。
《newsclip》