RSS

ベトナム首相、資本規制導入説を否定

2007年2月28日(水) 22時20分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナムのグエン・タン・ズン首相は28日、同国の株式市場で投機的な取引が目立つことに関連し、「資本規制を導入する必要はない」との声明を発表した。同国株式市場では、政府が資本規制の導入を検討しているとの情報が流れていた。

 一方、ホーチミン証券取引センター(HOSTC)のチャン・ダク・シン最高経営責任者(CEO)は27日、シンガポールで記者団に対し、証券市場への長期投資を促すため、何らかの対策を検討していく考えを示した。ロイター通信などが伝えた。

 シンCEOは「資本規制を考えているわけではないが、長期投資を呼び込むための方策を検討していきたい」と話した。
《newsclip》