RSS

ゲンティン、セントーサ島に連絡橋建設へ=シンガポール

2007年3月1日(木) 19時07分(タイ時間)
【シンガポール】マレーシアのカジノ大手ゲンティンは1日、シンガポール・セントーサ島でのカジノリゾート開発契約書を同国政府系のセントーサ開発公社と交わした。

 同社はリゾート訪問客の利便性向上を図るため、シンガポール本島とセントーサ島を結ぶ連絡橋を新たに建設する方針を明らかにした。建設費は6000万?8000万シンガポールドルを見込む。

 ただ、カジノ免許発給をめぐっては、同社がマカオのカジノ王、スタンレー・ホー氏と関係を深めていることにシンガポール政府が不快感を示しており、予定通り免許が下りるのか不透明な状況となっている。記者団からは関連質問が飛んだが、ゲンティン幹部はコメントを拒んだ。
《newsclip》