RSS

収賄疑惑の高官は国内治安省副大臣=マレーシア

2007年3月5日(月) 12時09分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア汚職取締庁は、国内治安省のモハマド・ジョハリ・バハルム副大臣が550万リンギ(約1億8000万円)の賄賂の見返りに犯罪容疑者が釈放されるよう便宜を図っていたとの情報を受け、捜査を開始した。同国メディアは当初、実名を報じていなかったが、副大臣が自ら疑惑を否認したため、5日以降は一斉に実名報道に切り替えた。

 同副大臣は「自分は潔白で、いつでも取り調べを受ける用意がある。(告発内容は)全く根拠を欠く」と反論した。
《newsclip》