RSS

タイのアルコール王、パイナップル缶詰メーカーを買収

2007年3月6日(火) 09時25分(タイ時間)
【タイ】アルコール飲料、不動産などを手がけるタイ屈指の富豪、ジャルーン・シリワタナパクディー氏が地場パイナップル缶詰メーカーのサイアム・フード・プロダクツ(SFP)を買収する。SFPが6日明らかにした。ジャルーン氏傘下のTCCアグロインダストリアル社がSFPの株主から同社株の81%を約16億バーツで取得する。

 SFPは70年設立、プラントは東部チョンブリ県。06年決算は最終利益が前年比86%減の1300万バーツ、売上高が4%増の22億6600万バーツだった。

 ジャルーン氏は食品事業に進出中で、06年に緑茶飲料・外食大手のオイシを買収、カンボジアでの製糖事業にも乗り出している。

〈ジャルーン・シリワタナパクディー(蘇旭明)〉
露天商の息子から一代でタイ屈指の大富豪にのし上がった実業家。ウイスキーの「メコン」、ビールの「ビアチャーン」などを製造するタイ・ビバレッジ、ニューヨークの高級ホテル「ホテル・プラザアテネ・ニューヨーク」、タイのニューインペリアル・ホテル・グループ、不動産のTCCランドなどを所有。米経済誌フォーブスの06年版「世界長者番付」によると、資産総額は32億ドルで、世界214位、タイでは1位だった。

関連記事>タイ・シンガポール合弁、バンコク郊外で大規模不動産開発
《newsclip》