RSS

フィンランド企業、ビナシンと合弁で海運設備生産=ベトナム

2007年3月7日(水) 14時20分(タイ時間)
【ベトナム】国営ベトナム通信によると、フィンランドのマクグレゴール・グループは7日までに、ベトナム国営造船大手ビナシンと合弁で同国北部のハイフォン市に海運設備の工場を合弁で建設することに合意した。投資額は4600万米ドル。倉口蓋(ハッチカバー)やクレーンなどを生産し、国内外に出荷する。

 投資額のうち、初期投資は1600万米ドルで、年産1万6000トンの生産体制を整える。その後、追加投資により年産2万5000トンまで増産を図る。
《newsclip》