RSS

アジア初、タイのゾウが人工授精で出産

2007年3月8日(木) 22時52分(タイ時間)
【タイ】タイ北部ラムパン県のタイ・ゾウ保護センターで7日夜、アジアで初の人工授精によるゾウの赤ちゃんが生まれた。アジアゾウのオスで体重100キロ、体高90センチ。出産後すぐに立ち上がり歩くなど、元気な様子という。

 母ゾウは25歳で、05年6月、全長1.2メートルのゴムチューブを使い人工授精が行われた。
《newsclip》